一人暮らしに最適な部屋の大きさ

twitter google+ LINE はてなブックマーク

一人暮らしに必要な部屋の大きさは人それぞれ異なります。

物をあまり持たない人なら1Rでもかまいませんし、荷物が多い人なら2DKなどでないと荷物が収まりきらないこともあります。

ここでは1R、1K、1DK or 1LDK、2DKあたりまでを視野に入れて紹介していきます。

もちろん、一人暮らしでも3LDKなど、広い部屋に住むこともできますが、部屋の掃除などが面倒になるだけです。

実際に利用したときに便利かどうかも考慮に入れて、部屋の大きさを決めるとよいでしょう。

1R

ワンルームの部屋。キッチンも部屋の中に小さいのがあります。風呂とトイレはありますが、大抵はユニットバス(風呂とトイレが同じ室内)となっています。場合によってはないこともあるため、事前に確認しましょう。

Rはルームの略。つまり一部屋という意味です。

1K

キッチンが独立してありますが、広さはほとんど無く、料理をするためだけのエリアとなっています。基本的に一つの部屋で生活をすることになります。

一般的な一人暮らしのイメージで一番強いのはこの1Kと思われます。ちなみに、Kはキッチンの略。1つの部屋とキッチンという意味です。

1DK

ダイニングキッチンがあります。つまり、二部屋分のスペースとなります。

ダイニングキッチンでは料理と食事スペースが確保できますので、寝る部屋に食事の臭いを持ち込むことを防ぐことが可能です。Dはダイニングルームの略。1つの部屋、ダイニングキッチンがあるという意味です。

1LDK

リビングダイニングキッチンがあります。1DKと同じく、二部屋分のスペースがあります。

リビングは「living」の略で、つまりは生活のスペース。LDKとは生活も出来、食事も取れ、料理も作れる部屋。大抵はDKより広いスペースとなっている。1つの部屋、リビングダイニングキッチンがあるという意味です。

2DK

二つの部屋にダイニングキッチンが加わり、合計3つの部屋があります。このレベルに来ると二人暮しでも使用が可能となります。一人暮らしでは荷物が多くて一部屋を丸々荷物置き場にしたいといった用途の人中心に活用することになります。

この他、部屋の大きさも重要なポイントとなります。一つの部屋の大きさが6帖の部屋と12帖の部屋では同じ一部屋でも2倍の広さがあることになります。ここまで極端ではなくても6帖と8帖でも広さが大きく違ってきますので、特に1Rや1Kに住むことを検討している人は気に掛けておきましょう。

ズバット引越し比較」では複数の引越し業者から一斉に見積もりを出させることができるサイトです。引越し業者選びの際は、まずはここで見積もりを出してもらい、どれくらいの費用がかかるのか検討した上で最終的な引越し業者を決めましょう。

SUUMO」ではさまざまな検索条件から物件を調べることができます。


 

部屋探し

部屋探しに関する各種情報を掲載。

一人暮らし用の部屋選びから探し方、チェックポイントなども。『一人暮らしの部屋探し』にはさまざまな角度からの情報を載せています。

引越し

引越しに関する各種情報を掲載。

引越し業者の選び方、引越し料金を安くする方法、引越し前後のスケジュール、入居日に必要なものなど。

費用

一人暮らしに必要な費用について掲載。細かい内容は『一人暮らし費用』をご覧ください。

必要なもの

一人暮らしに必要なものを紹介。

他に、水に関しても。

インテリア

インテリアの選び方についての情報を掲載。

家具選びなどの参考に。

家電

一人暮らしの家電の選び方を紹介。

チェックしておきたいポイントを多数紹介。

手続き

引越し後の手続き関連の情報を紹介。

一人暮らしの場合は自分でしなければいけないことが多いため、しっかりと把握して漏れなく手続きを行いましょう。

ペット

ペットと暮らす際に注意すべき点などを紹介。

生活

掃除や洗濯に関しての情報を掲載。

その他の生活関連は別項目にて。

料理、食事

料理や食事に関しての情報を掲載。

料理の仕方に関しては別サイト『一人暮らし料理 レシピ、作り方、基本』でより詳しく取り上げています。

お金

お金にまつわる話を掲載。

一人暮らしの場合は全てを一人で行う必要がありますので、しっかりとお金の管理運営を出来るようになりましょう。

その他

その他、暮らしに役立つ情報を掲載。

関連サイト紹介

当サイトが運営する一人暮らし関連サイトの紹介です。

告知事項

当サイトに関する各種情報を掲載しています。

Menu ×|メニューを閉じる